小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法理科の勉強法 ≫図鑑を見る

図鑑を見る

子供の好奇心を満たす

子供は誰でも好奇心にあふれています。この好奇心を生かすも殺すも親次第だと思います。男の子なら虫や動物が、女の子なら花が好きだと思いますから、図鑑を買い与えて、調べものには図鑑を見る習慣をつけるといいでしょう。調べものでなくでも、なんとなく眺めるのも、いいと思います。そこから、少しずつ子供は知識を身につけていきます。

寄り道も糧に

たとえば、山で見かけた鳥の名前を、いざ調べようと思っても、図鑑ではなかなか見つけられません。しかし、見つけるまでに、「あれかな」「これかな」と見てきたものも、すべて勉強になります。これは、インターネットなどとは一味違う、図鑑の隠れたメリットだと思います。

図鑑は机よりも手に届くところへ

たとえば、テレビなどで気になることがあって、調べ物をしたいと思っても、図鑑がすぐそばにないと、「あとで調べよう」と思って、結局調べ忘れることになりがちです。出来れば、すぐに手の届くリビングに置いておくことをお勧めします。

図鑑選びとおすすめ図鑑

小さな頃は図鑑をおすすめしますが、大きくなると、図鑑を見る機会は減るでしょう。ですから、小学校低学年のときに見やすい図鑑を選んでおくといいと思います。

小学館の図鑑・NEO:希学園も推奨
ニューワイド学研の図鑑:学研を代表する図鑑
ジュニア学研の図鑑:ややコンパクトで安価

小さな頃の好奇心が将来につながる



2008年01月10日 00:35

理科の勉強法 | 紙に絵を描く

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.