小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法どこで学ぶか ≫塾

進学塾の利用はお勧めしません

小学校低学年からの進学塾はあまりお勧めしません。早期の成績向上には役に立つと思いますが、子供がバーンアウトしてしまう可能性があります。

どれだけ成績が上がっても、勉強に疲れてしまい、さあ受験勉強というときに本気を出せないようでは、全然意味がありません。たとえて言うなら、これから長いマラソンを走ろうかというときに、スタート直後にダッシュするようなもの。そのまま、走りきれるならいいですが、そんなことは誰にも分かりません。

序盤でリードすることよりも、走れることの出来る基礎体力をつけることの方がより重要だと思います。

実験塾なら面白いかも

理科の実験を行う専門塾や、塾の一つのコースとして、実験を行うところがあります。知識の詰め込みではなく、体験を通して知識をつけられるので、これならいいかも知れません。本来、学校で実験をたくさんやってくれればいいんですが、準備が大変、危険が伴うなどの理由で、私たちが子供の頃に比べると、大幅に実験が少なくなっているそうです。そこに、このビジネスチャンスがあったんでしょうね。

子供が望んだら行かせる手も

子供が「勉強したいから」と望んだら仕方ありません。行かせるのも一つの手だと思います。理由は、やる気をそぐわけにはいかないからです。しかし、本当に勉強したいからかどうかは見極める必要があると思います。子供は「友達も行っているから」「友達と塾で遊びたいから」と行きたがることも多いですから。
必ずしもよくないとは言いませんが

低学年の塾選び

低学年から塾は原則的におすすめしませんし、「かわいそう」とのイメージが付きまといますが、塾もプロ集団ですから、低学年のクラスの内容は思考力の養成など「学ぶ楽しみ」を感じさせるように工夫されています。

大手では、全国的に展開している日能研、関東では栄光ゼミナール、関西では浜学園能開センターなどに低学年からのクラスがありますので、資料請求などされてはどうでしょうか。

とはいえ、行きたくもないところで勉強させられることがかわいそうなのは間違いありません。体験授業なども利用して、子どもが行きたいと感じるようになってからの通塾の方が効果的だと思います。



2008年04月12日 01:12

通信教育 | どこで学ぶか | 公文式

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.