小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法親の役割 ≫高学歴の親の特徴

高学歴の親の特徴

自分の親は必死ではなかった

私の周りだけを参考にしているので、必ずしもそうだとは言い切れないのですが、高学歴(難関大学卒業)の親は、子供の教育にあまり必死になっていない様に思います。中には、「俺の子供だから、ほうっておいても大丈夫」と思っている親もいるでしょうが、自分の成功体験から、親が必死になっても仕方がないことを会得していることが大きいでしょう。

もちろん、親は必死になっても、あまりいいことはありません。少なくとも、必死になっていることを子供に悟られてはいけません。

教育産業の仕組みも理解

また、教育産業のからくりもちゃんと理解できていることも理由のひとつだと思います。広告に掲載されている合格者数が多すぎるからくり、「自信の○○大生講師陣」が大したことないこと、いざとなれば、自分が教えてやれるという自信もそれを支えているかもしれません。



2008年05月09日 01:02

見本になる | 親の役割 | 失敗させる

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.