小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法国語の勉強法 ≫漢字の練習

漢字の練習

まずは読めること

意味もわからず漢字を覚えようとしても、なかなか覚えられるものではありません。漢字を覚えるには、まず、読めるようになることが第一歩になります。漢字を読めるようにするには、漢字をたくさん見せることが大事。といっても、「漢字カード」のようなもので丸暗記させるのはやはり酷ですし、表層だけの暗記になり、定着しません。

一番いいのは、ルビつきで漢字が使われている本をたくさん読ませることです。これにより、読めるようになるだけでなく、ひとつの字でも読み方がいろいろあることなど、正しい使い方が少しずつ理解できるようになります。

小学生新聞もおすすめ

本だけではなく、小学生新聞という手もあります。朝日と毎日が小学生新聞を発行していますので、これを購読するのもお勧めです。漢字だけでなく、理科や社会の知識を増やすことや、さまざまな好奇心を満たすこともできますので、その意味でも非常にいいと思います。

参考:朝日小学生新聞

書き取りで定着を

私はあまり好きではないですし、かえってよくないと否定する人もいますが、実際に書いてみることは定着に一定の効果があります。本人が嫌がらない程度に回数は抑えつつ、何回も書かせてやるといいでしょう。あまり多く書かせると、やる気を失います。この状態だと、単に腕を動かしているだけで頭に入ってきませんから、時間と労力の無駄です。

書かせるだけでなく、仕上がったものに間違いはないか、チェックが必要でしょう。突き出る、出ない、はね、はらいまでしっかりと見てあげてください。

最後は漢字ドリル

最後は漢字ドリルでチェックします。間違えたら、それだけを何度か書き取りさせるといいと思います。ミスしたところは誰しも覚えやすいですからね。また、わかりきった字を何度も書き取りさせるのも無駄です。

また、間違えた漢字だけをピックアップしたテストを親が自作して、集中的に覚えさせるのもいいですね。「お母(父)さんも、一緒にがんばってくれているんだ」と、一体感を持つことが出来ます。

おすすめ教材:
漢字ドリル辞典:学年別漢字辞典としても使え、多くの用例を習得できます。我が家でも使っています。
くもんの漢字集中学習シリーズ:漢字の成り立ちから覚えたい方はこちらがおすすめ。
くもんの小学ドリルシリーズ
トコトン書きこみドリル

漢検へのチャレンジも

子供が漢字に興味を示したら、漢検へチャレンジさせてもいいのではないでしょうか。1年生で習う漢字は10級、2年生は9級と、学年に沿った出題範囲となっていますので、秋の第2回検定までにその学年の級をパスするくらいのペースで漢字学習を進めたらいいのではないでしょうか。立派な合格証書と合格証明書は子供の励みになると思いますよ。

漢検対策DSソフト:DS陰山メソッド 正しい漢字かきとりくん 今度は漢検対策だよ!
漢検対策テキスト:漢字学習ステップ



2008年01月29日 00:12

ひらがな・カタカナの練習 | 国語の勉強法 | 小学生の辞書選び

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.