小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法どこで学ぶか ≫公文式

公文式

公文式の概要

公文式の教室では、算数を中心に国語や英語を教えています。教室では、先生が子供のレベルに応じたプリントを配って子供が解答すると、先生がそれを採点、指導を行う仕組みです。全国に教室網を張り巡らせています。

学年の枠を取っ払ってどんどん先に進めるので、通っている子供たちの算数のスキルは非常に高いと言われています。

私と公文式

小学校3年生のときに、クラスで算数がとても出来る友人が2人いました。聞くと、2人とも公文式をやっているとのことでした。友人の紹介で何回か体験学習に行き、それなりに楽しく勉強できるかなと思いましたが、通おうとは思いませんでした。

「これなら、自分でできるじゃないか」と思ったからです。

ちなみに、小学校卒業するまで、計算においては友人たちを超えることは出来ませんでしたが、中学受験時の算数の成績自体は、私の方が勝っていました。

公文式への批判について

公文式については、批判的な人が多いのも事実です。主な内容としては、

・公文式は子供を電卓のようにする
・公文式で勉強した子は、読解力、応用力に欠ける
・公文式に通うと感情がなくなる

などです。合っている部分もあると思いますが、公文式や公文式に通う子供に対するやっかみもあると思います。

例えば、「電卓のように・・・」はそろばんについても同じですが、伝統的なものだからでしょうか、批判的な人は少ないです。「応用力が欠ける」のは、公文式が悪いのではなく、公文式に通うことで計算問題でいい点が取れるようになることで満足してしまって、応用力をつける勉強をさせていないから。「感情がなくなる」のは、公文式よりも、やる気を引き出さずに公文式を「苦悶式」にしている親にも原因があるでしょう。

向き、不向きがある

私は積極的には、公文式をおすすめしませんし、自分の子供を行かせようとも思っていません。でも、子供が行きたいと言っているのなら、それを止めるほどの問題があるとも思っていません。

公文式に向いているのは、負けず嫌いで自分でどんどん勉強を進めたいタイプ。向かないのは、そもそも勉強が嫌いなタイプ。このタイプに公文式を押し付けると、勉強そのものが嫌いになってしまうと思います。

国語が好評

公文といえば、算数のイメージが強いですが、意外と国語の評判がいいです。教材に使われている文章のバリエーションが広く、理科や社会の学習内容にもかぶる内容があるので、知識の習得、好奇心の養成にも役に立つようです。算数については、型にはまった問題しか解けないとの批判をよく聞きますが、国語の批判はあまり聞きません。国語だけの利用というのもありかもしれませんね。



2008年06月17日 23:38

| どこで学ぶか

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.