小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法理科の勉強法 ≫紙に絵を描く

紙に絵を描く

絵を描く設問は理科の頻出問題

中学受験の理科の問題に、「○○を描きなさい」というのがあります。例としては、昆虫の構造や、被子植物の種子などが挙げられます。

この問題に答えられるようにするには、正しく理解しているだけでなく、それを絵にする力も求められます。その意味で、紙に絵を描くことも、立派な理科の勉強につながります。

ただのお絵かきじゃダメ

テストを念頭に絵を描くのであれば、ポイントを押さえることが大事ですから、虫や種そのものを描くよりも、それを図示したものを真似て描くほうがいいかもしれません。このあたりは、高学年になっても練習を続けるといいと思います。

私は子供の頃、当時一番安い紙だったわら半紙を100枚単位で購入し、いろんな図を真似て描いていました。ノートに描くよりも、こんな紙に描いては捨て、描いては捨て、くらいでちょうどいいと思います。



2008年07月20日 00:34

図鑑を見る | 理科の勉強法 | 自然と触れ合う

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.