小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法算数の勉強法 ≫百ます計算

百ます計算

計算力には反復学習

陰山メソッドとしてすっかり定着した感のある百ます計算ですが、計算力をつける効果はあると思います。単純な百ます計算ですが、やればやるほど早く正確に出来るようになります。時間を測るのがとても大事みたいですね。

なお、大人にも有効とされていますが、それは普段暗算をせずに、なまった頭に刺激を与える効果を狙っているだけのこと。あくまで低学年向けであり、高学年にはあまり適さないように思います。

DSのプレ百ます計算

私が、子供向けのDS教材として初めて購入したのが、DS陰山メソッド ます×ますプレ百ます計算 百ますの前にこれだよ!でした。このソフトは、数を数えるところから、繰り上がりありの百ますたしざん、繰り下がりありの百ますひきざんまでを練習できるソフトで、足し算、引き算のほか、お金を数えることや、時計を読むことの練習も出来ます。毎日「きょうのかだい」をこなしていくことで、レベルが上がっていき、問題ごとに、過去のタイムランキングが表示されるので、計算の速度が上がっていくのが分かります。

ソフトの中では、「カゲヤマ先生」が、問題を解くたびにほめてくれるので、子供も大喜びしてくれました。幼稚園児から、小学校低学年の児童にはうってつけのソフトだと思います。定価もたった2,800円。通信教材の1月分で、長く使えますから、お勧めです。

DSの百ます計算

小学2年生以上には、DS陰山メソッド 電脳反復 ます×ます百ます計算がおすすめです。おなじみ百ます計算だけでなく、「フラッシュ計算」「虫食い算」「エレベーター計算」「百わり計算」など多彩な基礎計算コンテンツも加わって、遊びながらしっかり計算力をきたえてくれます。

カゲヤマ先生同様に親も褒めまくる

ある雑誌で、陰山先生が「百ますで時間が早くなるのは当たり前だが、それを頭がよくなったと勘違いすることで、勉強する意欲が高まることがより重要。子供に奇跡が起きているくらいに褒めるといい。」といった内容のことを書いていました。

上記のDSのソフトでは、とにかくカゲヤマ先生が褒めまくってくれます。正解するたび、全問正解になるたび、ランキング上位になるたびに褒めてくれます。それを親が「当たり前じゃない、もっと早くならないと」と言ってしまってはいけません。子供が自慢げになるくらいに褒めることが、百ますなり、このソフトを最大限に活用する秘訣だと思います。

百ます計算への批判について

百ます計算については、いろいろと批判されることがあるのも事実です。「計算の意味を考えなくなる」「字が汚くなる」などが主なものですが、百ます程度の計算に意味を求めるのが間違っていますし、字が汚くなってまでスピードを競わせるのは使い方を誤っていると思います。なお、DSソフトでは、手書きモードだと丁寧でないと判読してもらえませんし、数字をタッチするモードだと字の丁寧さと関係がありません。

もちろん、百ますは脳を活性化し、計算を早くする手段であり、スピードを短縮することそのものが目的ではありません。それに、百ますをいくらやっても、中学受験の難問が解けるはずがありません。百ますばかりやって、他の勉強をする時間を奪われるのも大いに問題ありです。このあたりを正しく理解し、百ますに傾倒しすぎないことが重要ではないでしょうか。



2008年05月03日 00:29

九九の暗記 | 算数の勉強法 | 文章題対策

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.