小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法理科の勉強法 ≫自然と触れ合う

自然と触れ合う

虫を育てる

いろんなペットを飼うことで、動物のことを身をもって学べると思いますが、中でも虫は一番のおすすめです。というのも、哺乳類は生まれてから基本的に形を変えないのに対し、虫は卵から幼虫、さなぎ、成虫と形を変えます。しかも、虫のことは入試問題にもよく出てきます。

草花を育てる

小学校で朝顔を育てることが多いと思いますが、同様に他の植物も育てると、種→花→実→種と変化していく、草花の成長を理解することが出来るでしょう。苗から育てるのでもいいですが、種からの方がよりお勧めです。

海や山に出かける

夏休みなどに、海や山に出かけることがあれば、これも新たな知識を身に付けるチャンスです。普段見かけない木を見たり、普段食べているものが自然の中にある姿を見ることなど、新たな発見があるでしょうから、こどもの記憶に定着しやすいと思います。



2008年09月25日 23:44

紙に絵を描く | 理科の勉強法 | 学研の科学

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.