小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法算数の勉強法 ≫足し算、引き算

足し算、引き算

入学前にはじめておきたい足し算

小学校で、足し算の勉強が始まるのは、1年生の5月ごろだと思いますが、入学前にくり上がりのない足し算の勉強はマスターしておきたいところです。実際、ほとんどの親が入学準備教育として、くり上がりのない足し算を教えているのではないでしょうか。

この程度の先取りに、勉強としての意味はありませんが、何といっても学校で習ったときに余裕を感じられるのが大きいです。優越感を抱かせるというより、劣等感を抱かせずに、勉強嫌いにしないためには、必須だと思います。

最初のハードル、くり上がり

小学校の勉強で最初のハードルが、夏休みのあとに習う、くり上がりのある足し算だと言われています。ここで、出来る子とそうでない子の差が出始めます。先をにらむ上では、こんなハードルは難なくクリアしたいものです。

くり上がりの足し算は、次のステップを経るといいと思います。

①指を使ってもOK!→ボクにも出来る
②学校で習うとおり、10のかたまりを作って計算→足し算のメカニズムを理解
③丸暗記→スピードに断然の差

最終的に誰もが丸暗記にいたるわけですが、仕組みがわからないのは、後々のためにならないと思います。また、うちでは、①から③に飛ばそうとしましたが、うまくいきませんでした。ステップは大事だと感じました。

ここまで、くり上がりのある足し算に絞って説明しましたが、くり下がりのある引き算も同じでしょう。

あとは徹底反復

とりあえず、くり上がり、くり下がりの計算が出来るようになれば、あとは、徹底的に反復して、スピードと正確さを上げていくしかありません。百ますでもいいでしょうし、市販のドリルでもいいでしょう。また、インターネットでも、プリントをダウンロード出来るサイトがいくつもあります。また、ゲーム感覚で足し算・引き算ができる、学研の教材もおすすめです。

百ます計算プリント作成ソフト
こどものおべんきょう(足し算、引き算以外に、ひらがなの練習帳もあり)
楽学考房(受験まで使える)




2008年01月07日 23:35

算数の勉強法 | 九九の暗記

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.