小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法親の役割 ≫親が焦らない

親が焦らない

焦りの原因

「自分の子供は、大丈夫なんだろうか」、「早く塾へ行かせないといけないんじゃないだろうか」などと、いろいろと焦る原因はあると思います。

・周りの子が塾に通いだした
・学校にすごい子がいるらしい
・ネットを見ていると、みんなもっとやっている

などなど。でも、冷静に考えると、焦る必要なんてあるでしょうか。

塾に通いだした子の数年先の成績がいいと誰が判断できるでしょう。学校のすごい子に負けたらダメなんでしょうか。ネットにいろいろ書いている親なんて、普通とは桁違いに子供の教育に熱心な親ですので、それと比較するのもどうかと思います。それに、そこの子供が中学受験で成功するかどうかなんて、わかりませんよ。

焦りは押し付けの原因に

親が焦ると、どうしても子供に勉強をさせようとしてしまいます。でも、低学年のうちから、勉強させられた子で、大成する子は少ないと思います。

低学年のうちは、子供が勉強したがるように仕向けるとか、パズルのように、楽しみながら知らず知らずのうちに、脳を鍛えるとかはいいと思いますが、無理に押し付けるのは、効果が少ないだけでなく、勉強嫌いにあるという、大変な副作用をもたらす可能性が高いと思います。



2009年01月26日 23:44

失敗させる | 親の役割 | 使いたいほめ言葉

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.