小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法算数の勉強法 ≫サイコロで計算練習

サイコロで計算練習

サイコロ学習法

男の子を伸ばす母親は、ここが違う!などの著書で知られている松永暢史氏が提唱しているものですが、要するに、10面体や20面体のサイコロを利用して、計算の練習をするという、至極単純なものです。

10面体(1桁)2個の足し算から始めて、足し算、引き算、掛け算、割り算、2個、3個、組み合わせることでいろんな計算が出来るでしょう。最終的には、インド式のような20までの九九が暗記できればいいですが、そこまでできなくても、十分な計算のトレーニングになるでしょう。

「サイコロを振って、計算をして、答えの大きいほうがポケモンカードをゲット!」などとすれば、子供も喜んで食いついてくれるかもしれません。

楽しく前向きにやっている方が学習効果が高いといわれますので、100ますが合わない子供には、こういうものを活用するといいと思います。

10面体や20面体サイコロの購入法

松永氏らによる「暗算・算数に遊びながら強くなる びっくりサイコロ学習法」を買えば、サイコロがついてきますが、楽天やAmazonでサイコロだけも購入可能です。我が家では、10面体4個と20面体3個を購入しました。1個あたり105円、送料を入れても900円とかかりませんでした。

サイコロ購入が出来る店として、EDA GARAGE(楽天)と銀河企画オンライン(Amazon)を紹介しておきます。



2009年02月06日 00:13

パズル | 算数の勉強法 | ゲーム

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.