小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法国語の勉強法 ≫ひらがな・カタカナの練習

ひらがな・カタカナの練習

字が書ける喜び

字が書けない子供にとって、字がかけるようになるのはうれしいことです。ひらがなの練習は、親がさせたいのと同じくらいに、子供もしたがっていると思います。しかし、「あああああ、いいいいい・・・」と書き続けることは、苦痛になるかもしれません。

絵日記で好きなことを書く

そこで、私は、ひらがなの練習と絵の練習を兼ねて、子供に絵日記を書かせました。仕事で帰宅が遅くなる私にとっては、その日の報告を絵日記で受けられるというメリットもあります。

最初は、大人には読めない字も多く、文章も間違いだらけ、句読点もない状態でしたが、書き続けるにつれてどんどん上達するのがよくわかりました。

これも、やらされ感を感じさせないために、書きたくない日は書かないでいいようにしましたが、書くのが楽しいのか、ほとんど毎日書いていました。

ポケモンの名前でカタカナの練習

カタカナの練習も、基本的にはひらがなと同じです。好きなことをどんどん書かせてやればいいと思います。

とはいえ、絵日記のようなものにカタカナはほとんど出てきません。そこで、わが家では、ポケモン柄のノートにポケモンのキャラクターの名前をいっぱい書かせました。子供は大喜びで、書きまくっていました。

好きなことを書いているのですから、当然やらされ感はないでしょう。それで親にほめてもらえるんですから、きっとうれしかったと思います。



2008年01月16日 00:09

国語の勉強法 | 漢字の練習

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.