小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法算数の勉強法 ≫ゲーム

ゲーム

ゲームと言っても・・・

「ゲームが算数の勉強に役立つ」と言われると、そんなことはないと思われる方も多いかもしれません。しかし、ここでの「ゲーム」は、DSのポケモンなどのゲームではなく、もっと頭を使い、論理思考を鍛えるゲームのことです。

アルゴ

算数オリンピック委員会と、東京大学算数研究会、数学者ピーター・フランクル氏らが共同で考案したゲームで、遊びながら思考力・集中力・記憶力が向上すると言われています。

0から11が書かれた白と黒のカードを使用して、簡単な基本ルール(数字の小さい順に左から並べる・同じ数字の場合、黒いカードを左に並べる)と、自分の手札だけを頼りに、相手の伏せたカードの数字を推理して当てるゲームです。楽しく遊びながら、集中力、記憶力、分析力を鍛え、論理的思考力を向上させます。

アルゴ公式ホームページ

トリンカ

演算子(+・-・×・÷)と1から9までの数字が書かれた4枚のカードで、1から9の整数が答えになるように計算式をつくることを競うゲームです。算数・数学の基礎となる計算力や集中力、論理的思考力を養います。

オセロ(リバーシ)

誰でもご存知オセロ。簡単なルールなので、すぐに楽しめます。しかし、先を読む力を必要とするゲームですから、頭の体操になります。

囲碁・将棋

有名私立中学・高校の囲碁・将棋部は、非常に強いのですが、これは、勉強で必要とされる力と囲碁将棋で必要とされる力に共通点があるからではないかと思います。オセロ以上に先を読む力を鍛えてくれることでしょう。



2009年04月08日 23:26

サイコロで計算練習 | 算数の勉強法

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.