小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法家庭教育のポイント ≫家庭教育に便利なもの

家庭教育に便利なもの

ホワイトボード

基本中の基本ですね。線分図や図形など、子供に何かを示してやるときに、これがあるとないとでは大違いです。文房具店やスーパーはもちろん、100円ショップでも売られていますので、一家に一枚は用意されることをお勧めします。

コピー機

低学年の教材は、書き込み式のものが多いですが、この場合、1度書き込むと再利用が出来ません。ですので、間違いなおしの後に、もう1度やりたくても出来ませんよね。ここで、コピー機があれば、何度でも同じ問題に取り組むことが出来ます。特に、基礎的な計算問題や漢字練習の反復には効果を発揮します。

このほか、弟妹がいる場合、1つの教材を2度使うのにも使えますし、問題集を渡すよりも、プリントの方がやる気が出る子供にも、コピー機が欠かせません。

お値段が気になるところですが、コピー機能のあるデジタル複合機なら、1万円で手に入ります。

参考:Amazon.co.jp:プリンタ

ストップウォッチ

100マス計算やドリルに取り組むとき、ストップウォッチは欠かせません。子どもは、基本的に速さを競うことが好きですから、うまく活用するとスピードアップ、能力アップの強い味方になってくれます。

最近では、100円ショップで売られていますので、とりあえず買っておいても無駄にはならないと思います。

でも、「速く、速く」と追い立てるのは逆効果。「勉強させられ感」が高くなると、モチベーションダウンにつながってしまいます。子どもの中のやる気やプライドをうまくくすぐれるといいでしょうね。



2009年12月16日 00:04

やる気を引き出すツール | 家庭教育のポイント

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.