小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法社会の勉強法 ≫歴史マンガと伝記

歴史マンガと伝記

歴史知識の土台作り

歴史は学習指導要領では小学校6年で初めて習うものであり、塾でも5年くらいからしか習わないようです。しかし、入試には多く取り上げられるため、実際に勉強をするまでにある程度のベースがあるかどうかが、知識の定着に大きな差に繋がると思います。

マンガはとにかくわかりやすい

低学年のうちは、詳しい知識ではなく、ざっと大きな流れをつかむことで十分でしょうから、読みやすく、抵抗感が少ないマンガがお勧めです。字だけの本よりも、その時代の服装などもビジュアルに把握できるので、その点もお勧めですね。

まずは戦国時代から

歴史マンガを読ませようと、マンガを全巻購入し、最初から与えたらどうなるでしょうか。旧石器時代、縄文土器、クニとムラ、古墳と埴輪・・・子どもが興味もつと思われますか?

歴史に興味を持たせたいなら、まず戦国時代を取り上げたものを与え、そこから前や後ろに時代を広げる方が、子どもの食いつきもよく、歴史に関心を持つと思います。

おすすめ歴史マンガ

各社から多くの歴史マンガが出ています。ドラえもんや名探偵コナンが出てくるものや、定番の学研の学習マンガにも歴史のシリーズがあります。

私のお勧めは、成美堂出版まんがで学習 日本の歴史シリーズです。全5巻で、すべて揃えても、5,000円もしません。しかし、内容的にも詳しく、これだけで十分だといえるほどです。

伝記からのスタートも

全体をざっと流すのではなく、伝記で個人を詳しく学ぶのもいいでしょう。これも、戦国時代の武将あたりがいいと思います。



2009年06月23日 23:37

地図を見る | 社会の勉強法

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.