小学校低学年の勉強法は、小学校の入学準備から、中学受験を目指す勉強法を紹介するサイトです。

小学校低学年の勉強法親の役割 ≫親の仕事

親の仕事

勉強よりも学ぶ喜びを教える

子供の教育において、親の最大の仕事とは何でしょうか。それは、勉強を好きにしてやることです。知識や学歴は将来の自分を助けるからという観点だけではいけません。知識を得ることはとても楽しいですし、生きていく上での糧になります。それを子供に伝えられるのは、親しかいません。

悪い言葉を使えば、子供をだましてでも勉強好きにしてやればいいのです。

「勉強しなさい!」は一番のNGワード

小さなころから、「勉強しなさい」と言われ続けて育った子供が勉強好きになるでしょうか。仮に、勉強する習慣はついても、そのモチベーションは低く、机に向かっていても、密度は低いものになるでしょう。

勉強嫌いにさせないためにも、特に小さいころは「勉強しなさい」という言葉を使ってはいけません。遊んでばっかりで、勉強してくれないときには、「勉強しなくていいの?」とたずねることで、子供に答えを出させるのも一つの方法でしょう。



2008年01月16日 00:18

親の役割 | ごほうびの是非

”小学校低学年の勉強法”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2008 FPEX All Rights Reserved.